住宅ローンの金利

住宅を購入する際に多くの方が利用するのが住宅ローンではないでしょうか?この住宅ローン、現在では様々な金融機関で扱っています。そして、その種類、呼称も様々ではないかと思います。さて、この住宅ローンですが、これによる融資を受けるためには、住宅ローンの申請を銀行などの金融機関に対してしないといけません。この時、申請書とともに、必要になってくるのが、印鑑証明書などのような公的証明書、そして不動産などの担保物件です。この担保を供することによって、それに見合った融資を受けることができます。

この時、担保に不動産を供しますが、この不動産もあらかじめ前もって早めに準備しておくことが大切です。さて、この住宅ローンですが、その金利も金融機関によってまちまちだと思います。この金利も少しだから構わないと思っている方も多いかと思います。しかし、住宅ローンというのは結構長めのスパンで組んでいくと思いますので、そのトータルでみると少しの金利差によっても、総支払額に結構差が出てくることもありますので、注意が必要かと思います。

この住宅ローンを組む前に、いろいろと比較検討をして一番条件がよい金融機関で組むことをお勧めします。そうすることによって将来的にも安心して支払いができるかと思います。

新築マンションを購入するなら、こちらをご覧ください。

住宅ローンとは

そろそろ新築住宅を購入しようとか思っている方も多いかと思います。この時、ある程度まとまった資金があればいいのですが、大抵の方は、そうでないかと思います。そんな方のために用意されているのが、住宅ローンです。この住宅ローンはこれから家を購入しようと思っている方に用意された専用のローンです。

この住宅ローンは様々に金融機関で用意されていますので、どんな住宅ローンがあるのか事前に調査しておくのもいいかと思います。この住宅ローンによってある程度まとまった融資をうけることが可能になってきます。

さて、この住宅ローンですが、その申請には、専用の申請書類及び不動産などの担保が必要になってきます。この担保物件である不動産ですが、それなりの取引価値があることが必要になってきます。というのも、この不動産の価値によって融資される額も変わってくるからです。自分が新築購入に際して、どのくらいの資金が必要なのか、あらかじめ試算しておくのもいいかと思います。そうすることによって
その後の手続きもスムーズに進んでいくのではないかと思います。

いずれにしても、新築の家などを購入する際にこの住宅ローンを利用する場合は不動産、添付書類など早めの準備をしておくことが大切かと思います。

住宅ローン返済と転勤

マイホームを持つというのは、多くの人にとって憧れですよね。マイホームを買う場合、30代から40代前半には行動に移さないと、ローン期間を考えると難しくなります。

ところで、仕事上転勤のある人は、マイホームを持つことが難しくなります。経済的に問題がなければ、マイホームを購入することは可能でしょう。しかし、せっかくマイホームを購入したのに、転勤することになれば、その念願のマイホームに住むことができなくなるのです。マイホームを手にしても、そこに住むことができなければ意味がありません。

また、住宅ローンが残っていれば、ただローンだけを払い続けていくことになりますから、これもしんどいことですよね。つまり、転勤族には、マイホームを持っても、そこに住めなくなるリスクがあるのです。しかし、30代、40代でローンを組まないと、一生マイホームを持つことも難しくなります。ここが悩みどころですよね。

そのような場合、リロケーションを利用するという方法があるのをご存知でしょうか。リロケーションというのは、転勤によって空き家になった家を、その期間だけ人に貸すことのできるシステムです。これにより、家賃収入が入りますので、住宅ローンに補填することができます。リロケーションは、転勤族でもマイホームを持つ道を開いてくれる、ひとつの賢い方法ではないかと思います。


中古住宅ローンのプランを比較するなら、こちらをご覧ください。

 

 

住宅ローンの返済における繰り上げ

住宅ローンというのは、一定の条件を満たすか、規定の手数料を支払うことで、繰上返済をすることができます。繰上げ返済のメリットはというのは、全額返済した場合は、もう利息分を支払わなくてよくなると言うこと、また一部であっても、ローンの元金を減らすことによって、支払い総額を減らすことができるというメリットがあります。

ちなみに、フラット35で借りている場合、手数料は無料ですが、一回につき最低100万円以上の繰上返済が条件となります。

また、住宅支援金融公庫から借りている場合、全額返済は手数料が無料になりますが、全額でない場合、5,250円の手数料がかかります。また一回につき最低100万円以上からの返済が条件です。

民間金融機関から借り入れの場合は、各金融機関によって条件や手数料が違いますので、要チェックです。

手数料という点でみれば、フラット35は繰上返済のしやすい住宅ローンです。また返済額という点からみれば、民間金融機関だと現実的ではありませんが1万円からでも返済が可能です。

いずれにしても、繰上返済で少しでも早くローンを返済してしまうということが、支払い総額を減らす方法のひとつであることは間違いありません。まとまったお金が入り、特に使う予定がない場合などは、一向の価値ありだと思います。

 

住宅ローンの返済における借り換え

住宅ローン返済の借換えをすると得だという話をよく耳にします。住宅ローンの借換えとは、今のローンより有利な条件のローンに変更することを言います。このような借換えを注目されるようになった背景には、いま史上最低レベルの低金利時代に突入していかるからです。金利は1%違うだけでも、支払い総額が数百万円も違ってくる可能性もありますから、高い金利でローンを返済し続けている人は、一度検討してみると良いと思います。

基本的に、住宅ローンの借換えを検討すべき人というのは、まずは低金利なものに変更することで、返済総額を数百万円近く安くなる可能性がある人です。この場合、さらに返済期間も短くしてしまい、返済総額を大幅に節約すると良いでしょう。金利が低くくなった分、月々の返済額をこれまでと同じにした場合、返済期間を大幅に短縮することができると思います。また、返済期間はそのままにして、逆に月々の返済額を少なくするという方法もあると思います。

また、この史上最低の低金利は、これ以上は下がらないか、下がってもそれほどでもないだろうと考えると、長期固定金利に借換えることで、今後の金利上昇して損をしないという借換えもあると思います。住宅ローンを借替えることによってメリットがあるかないかを計算するのは、それほど難しいことではないと思います。よく分からなければ、銀行にいって、説明を聞いてみると良いでしょう。


住宅ローンとトラブルについては、こちらをご覧ください。


 

 

 

住宅ローンの比較の重要さ

住宅ローンというのは、金利が1%違うだけで、トータルの支払額を大きく違ってきます。同じお金を借りるのに、返済額が違うというのは、考え物です。少しでも安い金利で住宅ローンを組むためにも、まずは住宅ローン各社を事前に比較してみる必要があります。

面倒かもしれませんが、いまインターネットでも簡単に比較できるサイトがありますので、そのようなサイトを利用して、安い金利の住宅ローンを見つけることができれば、金利差の恩恵を享受することができます。

ところで、住宅ローン金利と一口に言っても、いくつかの種類がありますので、まずはローンの種類についての理解が必要です。

住宅ローンの金利には固定金利と変動金利があります。固定金利はその名の通り、金利が一定のローンのことですが、全期間固定型と、5年、10年と一部期間固定型があります。

また、変動金利は、そのときの経済状況により金利が変更するローンです。金利の見直しは年に2回程度行われるのが一般的のようです。

このような住宅ローン金利の種類についてよく理解した上で、同じローン金利タイプ同士で金利差の比較をしましょう。もし、よくわからなければ、営業マンに聞いてみるのも良いと思います。仕事上、様々なローン会社の金利について知っていると思います。

 

住宅ローンの金利

住まいを購入するとき、住宅ローンをくむと思います。そのとき、金利はとても重要です。というのも、ローン額が大きいですので、たとえわずかの金利差でも、将来のトータル支払額にかなりの影響が出てきてしまうからです。実際どれほどの違いが出てくるのか、計算してみましょう。

分かりやすいように、2000万円の住宅ローンを35年払い、ボーナスなしで金利差1%で比較してみたいと思います。わずか1%ですが、いったいどれほどの違いが出てくるでしょう。

まず、月々の支払いですが、金利2%の住宅ローンだと、66,252円になります。これが3%になりますと、76,970円となります。その差1万円です。では、トータルではどれくらいの違いが出てくるかと言いますと、金利2%で27,826,607円となります。これが3%だと32,327,415円と、やく450万円も違ってきます。

これがもし、3000万円の住宅ローンであれば、その差はさらに大きくなります。また、金利差が2%違えば、差額は同じようにさらに多くなります。これは本当に大変な違いになりますから、住宅ローンをくむときには、ローン会社の金利比較をしっかり行って、会社を決める必要がありますね。

住宅ローンと返済については、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

住宅ローン返済と転勤

全ての人に当てはまるわけではありませんが、もしも転勤など仕事の都合などで家を引っ越さなければならないとしたらどうしますか?

一般的に住宅ローンは何十年も払い続けるので、途中でこのようなケースが発生する人もいることでしょう。

現在の家を手放したくない場合は、ローンを支払い続けながら誰かに貸して家賃を受け取り、返済を継続するという方法があります。

その方法を仲介してくれるサービス(リロケーション)が今注目を浴びています。

親戚や知り合いに借り手がいない場合、個人で借りたい人を探すのはかなり困難です。そこで借りたい人の募集と賃貸期間中のフォローをわずかな手数料で行ってくれる業者がリロケーション会社です。

転勤先にいる数年間だけのリロケーションや、転勤ではないが家賃収入を目的としたい、また貸さずに定期的に清掃だけしてほしいなどの貸主都合にもいろいろ対応してくれるようです。

仲介をたてることによって、例えば家をキレイに使用してくれているかを確認したり、期間終了時に速やかに退去してくれるかなどのトラブル解決等、個人ではなかなか言いにくい部分を補えるしっかりとした契約がとり交わされますので安心です。

自分の家をもしリロケーションする場合、家賃はいくらくらいになるのかを一度シミュレーションしておくと万一の備えになると思いますので試してみて下さいね。

 

 

 

 

住宅ローンの返済における繰り上げ

毎月住宅ローンを支払っていると、早く繰上返済をして残高を減らしたいなあと思いませんか?支払い額が大きい分、繰上返済を少しでもすれば結構効果が出るものなのですが。なかなか思うように行きませんね。

ではやる気を起こすためにも、繰上返済の効果はどのくらいすごいのかということを考えてみましょう。

まず繰上返済には2種類あり、毎月の支払額はそのままで最終支払い期日を早めるタイプと、毎月の支払額を減らして支払い期間はそのままにするタイプがあります。

どっちがトータル支払額で得なのかといえば前者です。支払い期間が短縮されるのですから。

ただ家族の生活変化(子供の学校入学など)で毎月の支払額が負担になるという場合には後者を選択するのも有効だと思います。

例えば100万円を繰上返済しようと思った時、前者を選択するとその100万円にかかるはずだった金利の年数分がまるまる浮く計算になります。残り期間があればあるだけお得になります。数十万円は浮くのではないでしょうか。となると1〜2年は住宅ローン返済終了が早まりそうです。

後者を選択した場合でも、100万円を残り期間で振り分けると毎月の支払額が数千円から1万円くらいは減るようです。

金融機関によっては住宅ローンの繰上返済手数料を無料にしたり、100万円単位からの返済だけでなく1円単位の小額でも返済が出来るなど、顧客が返済しやすいように様々なキャンペーンを行っていますのでぜひ1度検討してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンと融資については、こちらをご覧ください。

住宅ローンの金利について

毎月の住宅ローンの支払額は、借りる金額が大きい分、金利によって大幅に変わります。

したがって少しでも金利の安い住宅ローンを選択するということが重要になってきます。

最近ではインターネットでも気軽に住宅ローンの支払いシミュレーションを行うことが出来ます。ここで借りる金融機関をじっくり比較・検討することが大切です。

比較をすることによって、現実的に自分はいくら借りることが出来て毎月いくら返せば良いという目安が分かるので安心です。

金利の種類には変動金利、一定期間固定金利、全期間固定金利という種類があります。

変動金利はどの金融機関も全ての金利の中で最も低い利率を提示しています。従って毎月の返済額も最も安くなります。しかし半年毎に金利の見直しがあること(半年毎の支払額の変動の有無は金融機関や借りる人の条件によって変わります)によっていつ金利が上がってしまうのかいう不安感が常につきまといます。

また、一定期間固定金利は通常1年から支払い満了期間までに何年間かを同じ金利で支払うものです。変動金利よりは金利が高いので毎月の支払額も増えます。固定期間内は金利の上昇リスクにさらされないので気持ちが楽です。しかしその期間が終了した時点で金利が大幅に上昇してしまっていた場合、そこから後の支払額が大幅に増えてしまうというのが難点です。

となると全期間固定金利ならば最初から最後まで支払額が一定なので安心です。しかし金利は最も高く毎月の支払額も高いです。

安さをとるか安心をとるかは人によって様々ですが、将来の生活プランをじっくり検討した上で選択することが必要だと思います。